i-smart one-storied house

一条工務店で平屋を建築中。
備忘録的なブログとなる予定です。

気密測定と構造見学会

おはこんばんちは!ほっこり猫です。


 今週末、我が家でもいよいよ気密測定が行われます。前回の記事でも書きましたが、我が家はエアコンのスリーブ位置のズレにより再施工が現場にて行われました。果たしてアイスマートの基準値を達成することはできるのか、今からワクワクしています。・・・もし達成できなかったらどうなるんでしょうか?謎です。


 もう一つ、我が家で週末にイベント?が行われることになりました。それは、タイトルにもあるように構造見学会です。


 一条の構造見学会は、建築途中の柱や断熱材がむき出しの家屋を見学する会のこと。当然我が家もまだまだ未完。昨日見た時点では、まだ屋根のガルバリウムすら施工されていませんでした。こんな作りかけの状況ですが、担当の方曰く「この時期が一番見ごたえがある!」とのこと。正直新居を見も知らぬ方々に土足で歩き回られるのは・・・とも思ったのですが、色々とお世話になった営業さんに少しでも恩返しになればという気持ちが勝ったので、会場に我が家を提供することにしました。


 しかし、ここで一抹の不安が・・・。


我が家、稟議箇所があるんですけど・・・?
 ( ↑ むしろ稟議が一つもない家の方が最近は珍しいかも?)


 我が家は平屋。しかし、表向きは収納対策、その実秘密基地(男のロマン)を実現したいという野望のため、小屋裏収納に固定階段を付けたかったのです。一条ルールに詳しい方は「それ無理じゃね?」とお思いでしょうが、我が家でももちろん恒例の気密が確保できないという理由から稟議すら出して貰えず却下されました。
 が、どうしても諦めきれなかった私は、ある日ふと思いついたのです。


ロフトと小屋裏、合体させれば・・・いける!合体だーッ!!!!


 これを読む方がもしいたのなら、「お前は何を言っているんだ・・・?」とお思いでしょう。初めにこの案を設計さんに相談した時も、( ゚д゚)??という顔をしていました。しかし、アイスマートで平屋に階段を持ち込むためには、これしかなかったのです。
 そこから先は設計さんとの試行錯誤の日々でした。詳細は省きますが、検討し稟議を出しては却下、また検討・・・と約4か月はこの野望を実現するために費やしました。途中あまりにもどうでもいい理由で再検討を要求されたときは、本気でキレそうになったのも今ではいい思い出です。


 こんな我が家の(主に私の)思いのつまった稟議箇所ですが、これ一条のイベントで公開してもいいものなのでしょうか?私は一向に構わないのですが、設計さんとか後で突っ込まれたらめんどくさくないのかな?てか、これもうばらしてもいいよってことなのかな?


・・・ま、いっか!


 こっそり見学会に潜入を目論むほっこり猫でした。
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。