i-smart one-storied house

一条工務店で平屋を建築中。
備忘録的なブログとなる予定です。

外構の救世主・・・?化粧蓋

おはこんばんちは!ほっこり猫です。
 前回ほっこり猫の外構の要であるタイルデッキ計画に汚水・雨水マスが絶妙に邪魔をしている問題を挙げました。
 当初はこのマスを何とか目立たない位置に移動できないか営業さんを交えて相談していたのですが、


移動→勾配の取り直し→外回りの配管ほぼ半分やり直し=べらぼうにお高い見積もり(カリモクのソファー買えちゃう・・・)


 このコンボの前にほっこり猫は沈黙せざるを得ませんでした・・・。正直その値段の前に心が折れかけ、もうタイルから真っ白な蓋がこんにちはしていてもいいんじゃないかな、と思いかけていました。


 しかし!我らが外構氏は違いました!とっておきの秘密兵器を我々の前に差し出したのです。それがこちらの

化粧蓋です!
(※ 関係者様へ。勝手に画像使ってしまいました。もし削除が必要でしたらご連絡ください。対応いたします)


 こちらは株式会社 扇谷(オギヤ)様の製品で、現在Φ150~Φ300までのラインナップが展開されております。これならあの邪魔くさいマスも最低限の出しゃばり具合でタイルに調和してくれるでしょう。


 しかし、問題点もあります。こちらの製品、雨水マス用なのです。我がタイルデッキにはキッチン位置の関係で雨水も汚水もございます。外構氏によるとこのまま施工するとパッキンが付けられない関係で生活排水の臭いが立ち昇ってくる可能性があるようです。ではどうするか?


二重蓋にしちゃいます!


 本来の蓋をタイルデッキ表面より数センチ下げて施工し、その上に一回り大きい径の化粧蓋を取り付けるイメージ、だそうです。肝心のお値段はと言うと、3つのマスに施工して約6万円。お一つ約2万円です。


 正直たかが蓋にこのお値段はどうなの、と思いますが、ほっこり猫としてはどうしても妥協できないポイントでした。
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。