i-smart one-storied house

一条工務店で平屋を建築中。
備忘録的なブログとなる予定です。

これまでのあらすじ④ 浮気?

 こんばんは、ほっこり猫です。
ふとブログの機能をあれこれ見ていると、アクセス解析なるものの存在が。
のぞいてびっくり!なんと1000人以上の方にこのブログを読んでいただいていたようです。


 なんか嬉しいやら申し訳ないやらですね。こんな落書きのようなブログに貴重なお時間を使わせてしまい・・・感謝です♪



 一条工務店営業のT氏と間取りや土地の打ち合わせを進めていく最中、i-smartの外観を眺めながらふとほっこり猫は思いました。(※仮契約前のお話です。)


「他のハウスメーカーってどうなんだろう?」


 これまでは一条の掲げる性能にばかり目を向けていたほっこり猫でしたが、家を建てようと考え始めたばかりの頃は、どちらかと言うとブリアールのような、いわゆる南欧風やカントリー風の外観が好きでした。
 しかし、ハイドロテクトタイルや高気密高断熱の圧倒的な性能の前では個人の趣向など霞んでしまい(←あくまで個人の主観です)、i-smart教に入信していたのでした。
 けれど、おしゃれ感も正直捨てがたい!木をふんだんに使った家って素敵!i-smartってなんかどれも外観一緒に見える!(←あくまで個人の以下省略)あんなのマイクラで言えばトー(以下省略)!!などと暴言を吐きながら、他社メーカーを巡る旅に出かけたのでした。



 さて、まず向かったのがス〇ェー〇ンハウス。
 私的にはあのレトロな外観が大好物です。偶然訪れた展示場のお偉いさんが同郷の方で、色々と話し込むうち、一度だけでもということで実際にこのメーカーで建てた平屋を見学することに。感想はと言うと・・・

 いや~、さすがですね!もうほんと素敵です。サッシまで木製ですよ!断熱性も抜群だそうで、心揺れまくりでした。もうまさに夢心地のひと時でした。またこの施主さん(50代くらいの方でした)のセンスも最高で、空間演出っていうのはこういうことだなぁ、と漠然と感じました。語彙と観察力が足りず、あの素敵さを伝えきれない自分がもどかしいくらいです。

 しかし、その後場所を移して事前に最低限で頼んだ間取りの見積もりを見せてもらい、現実世界に引き戻されました。おいおい、普通に予算より500万超えてるよ・・・。これにオプション外構その他諸々込めたら、一体どうなってしまうのでしょうか?怖くてその場ですぐにお断りしてしまうというチキンっぷりを披露したほっこり家でした。(今でもリビングにいただいたトナカイのぬいぐるみは飾ってあります。未練たらたらw)


 次に訪れたのはハー〇ーハウスというメーカーです。正直売りはよく分からず、普通のお宅ってこんな感じだよね、そこそこおしゃれ~といった感じでした。ただ、見積もりはかなり庶民の味方。ほっこり家でも無理なく将来設計できるプランでした。ある意味、夢ばかりのほっこり家に金銭感覚を取り戻させてくれた恩人なのかもしれません。かけるところにはかけ、かけないところには一切かけない!これ重要ですね。


 そして1,5階の家を売りにしている某地元メーカー。ここを見学し、1,5階からリビングを眺め下した時、ほっこり猫の脳裏には、子どもの頃友達と、大人には内緒で裏山の大木の上にこっそりと作った秘密基地の情景が思い浮かべられていました。
 あの、狭苦しくも大好きなおもちゃや漫画雑誌、どこから拾ってきたのか分からないぼろぼろの椅子や空き箱がつまった空間が、幼き日々のワクワクがどうしようもなく懐かしく思い出され、この1,5階をぜひ我がほっこり家にも取り入れたいと熱望するようになりました。
 このメーカーを見つけたことは、ほっこり猫にとっては幸運でしたが、妻にはかなり呆れられています。それもそのはず、一条平屋i-smartでこれを実現しようと思うと、勾配天井、ロフト、ゴニョゴニョを込みでおよそ80万円のお値段が発生します。
 ・・・本当に、男ってバカですよねw ロマンというやつには一生勝てない生き物なのです。


 最後に訪れたのが、不思議生物が目印の住〇林〇さん。


入った瞬間もうおしゃれ。


 入ったとたんに木、木、木!これでもかってくらいふんだんに多種多様な無垢材が使われています。そして広っ!リビング広すぎません?!これがBF工法の性能とやらか!!あんまりおしゃれなもんで、一条なのにライブナチュラルとハーモシーリング導入しちゃうじゃないですかー!もうほんと責任とってくださいよ(; ・`д・´)!!



 他にも色々とメーカーさんを回りましたが(蔵とか、ローコストメーカーとか)、結論として我が家は一条工務店で行くことに決めました。各メーカー様々な売りがあり、そのどれもが?魅力的です。その中で、どのメーカーとなら自分たちの理想をより高い精度で実現してゆけるのか、なのだと思います。
 ほっこり家の理想とは、「楽々」です。メンテナンスしかり、高気密高断熱と床暖房がもたらす居住性しかり、地震に対する安心感しかり・・・。これらを高い次元でもたらしてくれ、住む人をほっこりとさせてくれる一条工務店というメーカーに、やっぱり私は惚れているのだなぁ、とブログを書きながら再確認したほっこり猫なのでした。
 
  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。