i-smart one-storied house

一条工務店で平屋を建築中。
備忘録的なブログとなる予定です。

構造見学会とまさかのSタレ壁

おはこんばんちは!ほっこり猫です。


 今日は我が家の構造見学会でした。とは言ってもバスツアーの会場の一つという感じでしたので、大体40分程度の滞在でした。
 4~5組の一条を検討されているご夫婦が営業さんの構造や断熱材、防蟻防腐処理についての説明を実際の現場を見ながら聞いている様子を見ていると数年前の自分たちの姿が思い出されて懐かしいような、なんだか不思議な気持ちになりました。あの方達の家づくりが、どうか順風満帆に進みますように。頼みますよ、一条さん!


 さて、その後我が家の様子をなんとなく眺めていると、我が家の唯一のタレ壁が目に入りました。我が家はSタレ壁0をスローガンに間取り作りに取り組んできたのですが、一か所だけ意図的にタレ壁を取り付けた部分があり、そこがいつの間にかSタレ壁として図面に記載されていました。

 ↑ この部分が我が家唯一のSタレ壁です。端に金具が入っているのがSタレ壁なのですかね?


 しかし!丁度現場に来ていた監督さんとタレ壁の話をしていると、衝撃?の事実が判明しました。


ほ「我が家のタレ壁はここ一つなんですよね~」
監「ん?・・・(図面をめくり)2か所ですね
ほ「え、そんなはずは・・・」
監「いや、2か所です


 慌てて場所を確認すると、まさかのこの場所にタレ壁がついていました。

 ↑ ここです。玄関上部の屋根を支えるためにタレ壁が必要とのこと。ここは最終的に全面天井下がりになるそうです。


 さすがにここまでチェックしてなかったです。てか正直タレてようがどうでもいい。
でもなんか悔しい!


 設計さんめ・・・やりおるわ。ほっこり猫でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。