i-smart one-storied house

一条工務店で平屋を建築中。
備忘録的なブログとなる予定です。

これまでのあらすじ⑤ 営業さんとの馴れ初め

 皆さん、おはこんばんちは!(←元ネタ分かる方いらっしゃるでしょうか?)ほっこり猫です。


 先日職場で40度近い熱を出して、病院で溶連菌と診察されました。大人
が溶連菌に罹患すると、大分長引くケースもあるらしく、ほっこり猫もしば
らくぶりに引きこもり生活を送っています。皆様もくれぐれもご自愛なさっ
てください。


 さて、本日は我がほっこり家と担当営業T氏との馴れ初めを、恥じらいつつ?も語ろうと思います。
 大分熱にやられた記事ですので、書いたからには載せますが、軽く流していただけると助かります。



 実は、ほっこり家は過去にも一度、営業のT氏に一条工務店で出会い、そして別れを経験しているのです。


 今思えば、その時のほっこり家は、ぶっちゃけそれほど真剣に家を建てるつもりもなく、ただただ展示場の来場プレゼント目当てにうろうろし、適当にネットで仕入れた家うんちくと好奇心で付いてくださった営業さんを困らせて回るという営業の方々にとってはおそらく非常に迷惑な客でした。


 一応弁解すると、自分のにわか仕込みの知識など、プロの方なら跳ね返して当然→ほっこり猫は新たな知識を得られる→将来本気で家を建てる時に使える という考えだったのですが、たまたまそうだっただけなのか、ほとんどの営業さんからは猫の好奇心を満たしてくれるような回答を頂けることはありませんでした。


 そんな中、彗星の如く現れたのが我が家の担当T氏だったのです!
(↑ほっこり猫の主観です。ふつうににこやかにご対応くださいましたw)


 T氏は、私からの防蟻処理やQ値、家を建てる際の懸念事項についての質問(ここまでほぼ某超有名ブロガーさんのブログからの受け売りw)、果ては将来の人生設計や営業哲学までをお答えくださり、この方はただ者ではない!とほっこり猫に鮮烈な印象を与えたのでした。本格的に建てようと考えだしてからも、いくつかメーカーを巡りましたが、彼以上の営業さんには、残念ながら出会えていないのが現状です。(愉快、不愉快、不思議系な営業さんとはお会いしましたが、それはいずれネタがなくなったら書きます。)


 思えば、数年前のあの日、たまたま入ったつもりの一条工務店でしたが、この日の記憶が頭をふとよぎっていたのかも知れませんね。・・・あるいは、T氏の魔力?に引き寄せられたのかも知れませんがw
 

 当時は普通の営業であったT氏でしたが、昨年再開すると、なんと展示場の副店長?という肩書に。密かにほっこり猫はさもありなんと納得したものでした。その時も、久しぶりに訪れた展示場で付いてくださった若い営業さんをいじめて細かい仕様を聞いていると、さっそうと現れたのがT氏でした。まさにあの若い方には救世主に思えたことでしょうw


 以上、いつも以上にグダグダなほっこり猫でした。




 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。